未経験から
WEBデザイナーへ転職

未経験からWEBデザイナーになるには

学歴や特別な資格は必要ないですが、Illustratorや Photoshopを使いながらレイアウト決めや画像の加工を行うため、これらのツールに慣れておくと安心です。また、このデータを実際のWEBページにする「コーディング」という作業まで手がけることもあります。HTMLやCSSという言語を使い、形にしていきます。この作業はデザインというよりはプログラミング要素が強いですが、自分で考えたデザインを形にできることは強みになるため、経験を積みながら少しずつ勉強して将来のキャリアの可能性を広げていきましょう。

無料転職相談のお申し込み

無料転職相談のお申し込み

無料転職相談のお申し込み

無料転職支援サービス

WEBデザイナーってどんな仕事?

WEBサイトやバナー広告、ランディングページなどWEB上で表示される全てのデザイン業務を行います。WEBデザイナーの仕事内容の定義は企業によってさまざまで、純粋にデザインだけを行うこともあれば、コーディングなどの画面設計やコンテンツ企画まで担当することもあります。将来独立を考えているならば、幅広い仕事を任せてもらえる環境を選ぶと、身につけることができるスキルの幅が広がるため役立つかもしれません。

WEBデザイナーに関する求人情報

もっと表示する

関連する転職コラム

無料転職相談

無料転職支援サービス