未経験から
ITエンジニアへ転職

未経験からITエンジニアになるには

ITエンジニアの一般的なキャリアパスは、「プログラマ(PG)→システムエンジニア(SE)→プロジェクトリーダー→プロジェクトマネージャー(またはITコンサルタント)」。
未経験から目指すなら、まずはアシスタント的業務をこなしながらプログラミングを覚えていくことからスタートします。専門学校や高専、大学などでITや情報処理の勉強をしていた、また独学でプログラミングを勉強していたなどの経験があれば、チャレンジしやすいでしょう。

無料転職相談のお申し込み

無料転職相談のお申し込み

無料転職相談のお申し込み

無料転職支援サービス

ITエンジニアってどんな仕事?

「ITエンジニア」とは、IT(Information Technology:情報技術)関連の技術者全般の総称であり、これに分類される職種には様々なものがあります。主な職種としては「システムエンジニア(SE)」、「プログラマ(PG)」、「データベースエンジニア」、「ネットワークエンジニア(NE)」、「サーバーエンジニア」などが挙げられます。これらの職種はIT社会を支える重要な仕事であり、今後も需要が伸びていくことが予測されます。

ITエンジニアに関する求人情報

もっと表示する

関連する転職コラム

無料転職相談

無料転職支援サービス

ITエンジニア
未経験からの転職

ITエンジニアの転職相談なら私達にお任せください。

無料転職支援サービス

IT業界に特化してきた実績に裏打ちされた信頼のサポート
採用ニーズの高いからこそ、案件も豊富。
エンジニア出身の転職コンシェルジュ多数。
未経験からのキャリアパスを描いた上でのマッチング。
まずはお気軽にご相談ください。

関連する職種

無料転職相談のお申し込み

無料転職相談のお申し込み

無料転職相談のお申し込み

関連する転職コラム

一覧を表示する