未経験から
3Dデザイナーへ転職

未経験から3Dデザイナーになるには

主に使うツール(MAYA、3dsMax)を職業訓練校や独学で学んでおくと、未経験でも十分実務に役立つでしょう。またポートフォリオがあると選考でアピールしやすくなるため、作成できる範囲で良いので準備しておくと有利になります。そしてゲームの種類によって、作品の世界観や求められるイラストの雰囲気は様々なので、自分がデザインしたいジャンルが多いのかという軸で企業を検討してみるのも良いでしょう。

無料転職相談のお申し込み

無料転職相談のお申し込み

無料転職相談のお申し込み

無料転職支援サービス

3Dデザイナーってどんな仕事?

キャラクターや背景のモデリング、レンダリングなどをメインで行います。2Dデザイナーがデッサンしたイラストを元に3Dグラフィクスを制作します。そのため、Maya、3dsMaxなどのグラフィックソフトがどれだけ思い通りに使いこなせるようになるかが鍵となります。スキル次第では、ゲーム制作だけでなく映画やテレビ、アニメなどの幅広い分野での活躍も可能です。キャリアプランはデザイン部門の取りまとめを行うアートディレクターになる、または独立してフリーランスで活動する道もあります。

3Dデザイナーに関する求人情報

もっと表示する

関連する転職コラム

無料転職相談

無料転職支援サービス