未経験から
通信営業へ転職

未経験から通信営業になるには

多くの場合は、個人のお客様に対する個人営業職を募集していることが多く、営業経験はもちろん、接客・販売経験などがあれば積極的に採用を試みてくれる企業が多いようです。当然、商品やサービスに関する知識は必要ですが、それらは入社後の研修などで覚えていくことがほとんどなので、入社前の段階から必須となる知識や資格は特にありません。幅広い年代のお客様を相手にする仕事でもありますので、サービス業に従事した経験のある方は、業種は違っても経験を生かすことができます。法人向けの営業職を募集している企業もありますが、法人向けの営業の場合、会社としての決定権を持つ決裁者(社長や役員など)に営業をしなければならないため、個人営業よりも高い営業スキルや経験・知識を求められます。

無料転職相談のお申し込み

無料転職相談のお申し込み

無料転職相談のお申し込み

無料転職支援サービス

通信営業ってどんな仕事?

電話会社や各通信キャリアなどが提供しているネット回線・電話回線などのサービスを提案・販売する仕事です。主に前述した会社などのサービスを仲介して営業する代理店営業の場合が多く、法人よりも個人向けに営業を行うことが多いです。時代の流れと共にさまざまな特徴やサービスが増えているため、それらをお客様のニーズに合わせ提案していきます。一般的にイメージされる訪問営業はもちろん、まずは電話でアポイントを取ったり営業をする電話営業スタイルも近年では主流になっています。法人向けに営業する場合、通信サービスなどはひとつの会社にひとつ通信回線の契約となりますので、決裁権を持つ社長や重役などに対して営業を行わなければなりません。そのため、個人向けの営業よりも高い営業スキルや専門知識が必要となります。個人向け営業の場合は、老若男女幅広い年代のお客様に対して営業を行うため、どのようなお客様に対しても簡潔にわかりやすく商品やサービスを説明できるスキルが必要です。

通信営業に関する求人情報

もっと表示する

関連する転職コラム

無料転職相談

無料転職支援サービス