未経験から
旅行代理店営業へ転職

未経験から旅行代理店営業になるには

旅行営業の中でも「カウンター営業(個人向け)」か「団体営業(法人向け)」かによって必要なスキルは少し異なりますが、どちらも営業経験や国内・海外の旅行経験、またそれに関する知識が豊富な場合は強みとしてアピールできます。必須の資格などは特にありませんが、カウンター営業の場合はお客様によって希望や予算は大きく変わりますので一人ひとりのニーズに合った提案ができる企画・提案力と、国内や海外の観光地などの知識が必要になります。また団体営業の場合は、旅行商品の企画・販売だけでなく、場合によっては旅行自体に添乗(同行)することも多いため、比較的ハードな仕事だと言えます。しかし、自分が企画や提案をした旅行でお客様の喜ぶ顔がリアルタイムで見られることは、この仕事ならではの良さややりがいと言えるため、その喜びを味わうために旅行業界に入りたいという方々も少なくありません。

無料転職相談のお申し込み

無料転職相談のお申し込み

無料転職相談のお申し込み

無料転職支援サービス

旅行代理店営業ってどんな仕事?

パッケージツアー旅行などの「旅行商品」を営業する仕事です。旅行業を行う企業は「1種・2種・3種・代理業者」のいずれかの登録を行っていて、それぞれ扱える旅行商品の内容などが違います。ツアーなどの企画・実施、他社で企画された旅行商品などを仲介販売しています。旅行業における営業職は、大きく分けて「カウンター営業」と「団体営業」の2つになります。一般的にイメージしやすいのは、店舗にこられた個人のお客様に対し予算や希望に沿って旅行商品を企画・販売するカウンター営業ですが、これに対し法人向けの営業を行うのが団体営業です。わかりやすい例で言えば小中高の修学旅行や会社の社員旅行など、比較的大人数での旅行希望者に対し旅行商品の企画・販売を行います。また、修学旅行などの場合は営業担当者が旅行に添乗(同行)するケースも多く、業務内容は多岐に渡るため旅行業では花形の仕事だという声もあります。

旅行代理店営業に関する求人情報

もっと表示する

関連する転職コラム

無料転職相談

無料転職支援サービス