未経験から
広報・宣伝へ転職

未経験から広報・宣伝になるには

広報・宣伝の仕事は企業の製品やサービスなどの情報を発信する立場として社内外の人と関わることが多いため、コミュニケーション能力や柔軟な対応力、気配りなどが求められます。また、情報を発信していく仕事だけに、インプットも大切です。アンテナを高くして業界のトレンドや消費者のニーズを常にキャッチしておく必要があります。とくに資格などは要らないため、未経験でも採用の可能性は低くはありませんが、消費者や市場の動向などを分析し顧客ニーズを探求するマーケティング業務を経験してからキャリアチェンジしたほうが採用される確率が上がるほか、入社後に活躍できる範囲も広がります。

無料転職相談のお申し込み

無料転職相談のお申し込み

無料転職相談のお申し込み

無料転職支援サービス

広報・宣伝ってどんな仕事?

広報・宣伝は似て非なる仕事ですが、どちらも企業の商材やサービス、企業自体を世間一般に認知させることで、ブランド力や売り上げを向上していく役割を担っています。そういった意味でも、兼任している企業が多いといえます。広報は報道関係者にプレスリリースなどで情報を発信し、新聞や雑誌などで記事として取り上げてもらえるように働きかけたり、マスコミ対応をしたりする「社外広報活動」がメインと思われがちです。しかし、従業員に企業理念や企業の活動内容を理解知れもらえるよう働きかける「社内広報活動」も大切な業務のひとつです。一方、宣伝の仕事は有料で買い取ったメディアに広告を出稿することで、訴求したいポイントをダイレクトにアピールする仕事です。広告戦略にのっとってスムーズに広告が出稿できるように、広告代理店や制作会社との調整を行なったり、広告予算の管理を行なったりします。

広報・宣伝に関する求人情報

もっと表示する

関連する転職コラム

無料転職相談

無料転職支援サービス

広報・宣伝
未経験からの転職

広報・宣伝の転職相談なら私達にお任せください。

無料転職支援サービス

経験豊富な転職コンシェルジュがサポート。
適正や条件に沿った案件をご紹介。

関連する職種

無料転職相談のお申し込み

無料転職相談のお申し込み

無料転職相談のお申し込み

関連する転職コラム

一覧を表示する