未経験から
保険営業へ転職

未経験から保険営業になるには

保険業界で営業職として現場に出るためには、「保険募集人」として保険協会に登録するための試験に合格しなければなりません。しかし、試験自体の難易度は高くないので、入社後の研修期間中などに勉強し合格される方がほとんどのようです。FP(ファイナンシャルプランナー)の資格は、持っていると有利になることはありますが採用の必須条件になることは少ないです。お客様との信頼関係が重要な仕事ですので、営業スキルよりも人柄やコミュニケーション力を重視して採用を行う企業も多いため、他業界に比べ未経験でも採用される可能性が比較的高い業界だと言えます。世間一般的にはハードなイメージをもたれることが多い業界ですが、営業の基礎やノウハウ、高いコミュニケーションスキルや提案力が身に付くことから、キャリアアップの一環としてこの業界に足を踏み入れる方もいらっしゃいます。尚、平均年収は他業界に比べ高めです。

無料転職相談のお申し込み

無料転職相談のお申し込み

無料転職相談のお申し込み

無料転職支援サービス

保険営業ってどんな仕事?

保険の営業は、大きく分けると「生命保険(生保)営業」と「損害保険(損保)営業」の2つになり、個人と法人どちらに営業をするかは会社や部署などによって違います。生保は、病気・ケガ・死亡などの損害を受ける“人”に対する保険で、損保は、事故・災害・盗難などの損害を受ける“モノ”に対する保険です。お客様の生命や財産に関る損失を補償するための商品を扱うため責任は大きいですが、その分お客様から信頼していただけたときや、契約が成立したときの喜びは大きいです。さまざまな選択肢の中からベストな商品を提案するため提案要素が強く、他業界でも通用する営業スキルはもちろん、お客様との信頼関係が成果に大きく関る仕事でもあるので幅広い年齢層に対する高いコミュニケーション力が身に付きます。また、「生保レディ」という言葉があるように、一般的には女性が活躍する仕事というイメージも強いですが、近年では男性も大いに活躍しています。

保険営業に関する求人情報

もっと表示する

関連する転職コラム

無料転職相談

無料転職支援サービス