未経験から
不動産営業へ転職

未経験から不動産営業になるには

不動産業界は、他業界に比べ未経験者でも比較的採用されやすい業界です。営業経験自体が無くても、接客の経験などがあれば選考に進める求人も多く存在します。通年で採用を行っている企業も多いため、その背景に離職率の高さを懸念されがちですが、成果主義を特徴とする業界でもあるため、若いうちからたくさん稼ぎたいという方々には意外と人気があります。選考時に特別なスキルや資格が必須となることは少ないですが、宅地建物取引士(通称:宅権)の資格を保有している場合は非常に有利になります。
(宅権の試験には毎年約3万人が合格しており、合格率は例年16%前後で、国家試験の中では比較的高い合格率です。)

無料転職相談のお申し込み

無料転職相談のお申し込み

無料転職相談のお申し込み

無料転職支援サービス

不動産営業ってどんな仕事?

不動産営業の中にもさまざまな種類がありますが、特に身近でイメージしやすいのは一戸建てやマンションなどの「売買営業」や賃貸物件などの「仲介営業」です。売買営業では、お客様に対し新築または中古物件を販売しますが、扱う商材が非常に高額なため、まずは見学会などを開催し興味を持ったお客様に時間をかけて営業します。仲介営業では、お客様に対し賃貸物件などの営業をします。こちらは反響営業が主流で各店舗に来店されたお客様から、希望条件などをヒアリングしそれに合った物件を紹介し契約に繋げます。一般的に不動産業界は個人のお客様を相手にすることが多いためハードなイメージを持たれやすい業界ですが、成果に応じて比較的高額なインセンティブを支給する企業が多く、年収は他業界に比べ高めなのが魅力です。

不動産営業に関する求人情報

もっと表示する

関連する転職コラム

無料転職相談

無料転職支援サービス