未経験から
プログラマへ転職

未経験からプログラマになるには

ITエンジニアの中で、実務経験がなくても比較的入りやすいのがプログラマー(PG)。未経験からシステムエンジニアやPL、PMなどを目指す人はまずプログラマーの経験を経てキャリアアップしていくことが多いです。未経験からプログラマーとして仕事をするためには、あらかじめ学校や独学でプログラミング言語を身につけておくとよいでしょう。

無料転職相談のお申し込み

無料転職相談のお申し込み

無料転職相談のお申し込み

無料転職支援サービス

プログラマってどんな仕事?

システムエンジニアが作成したシステム計画書に基づいて、実際にプログラムを作成するのがプログラマーの仕事。システムエンジニアがシステムの設計などの上流工程から担当するのに対して、プログラマーはプログラミングやテストなどの下流工程を担当します。作りたいシステムに応じて使用するプログラミング言語を選択する必要があるため、複数のプログラミング言語を学んでおく必要があります。

プログラマに関する求人情報

もっと表示する

関連する転職コラム

無料転職相談

無料転職支援サービス