未経験から
ネットワークエンジニアへ転職

未経験からネットワークエンジニアになるには

プロジェクトの規模によっては高い専門性を求められる場合がありますが、未経験でも挑戦できる職種です。まずは、監視・運用などの業務をこなしながら経験を積んでいき、徐々にネットワーク構築などを手がけていくようになります。最終的には設計~要件定義などの上流工程に携われるようになっていきます。あらかじめネットワークエンジニアの代表的な入門資格であるCCNA(Cisco Systems社認定資格)や情報処理技術者試験の中のひとつ「ITパスポート」などを取得しておくと採用に有利になうえに、本気度をアピールできるため、挑戦してみてはいかがでしょうか。

無料転職相談のお申し込み

無料転職相談のお申し込み

無料転職相談のお申し込み

無料転職支援サービス

ネットワークエンジニアってどんな仕事?

ネットワークエンジニアは、コンピュータや電子機器をスイッチやルーターで接続して、データの送受信ができるようにする技術者のことです。「インフラエンジニア」と呼ばれることもあります。仕事内容はおもに、ネットワーク設計、ネットワーク構築、ネットワーク監視・運用の3つに分類できます。一人前のネットワークエンジニアの第一歩として、監視・運用で経験を積み、徐々に構築、設計と難易度の高い仕事へとステップアップしていきます。

ネットワークエンジニアに関する求人情報

もっと表示する

関連する転職コラム

無料転職相談

無料転職支援サービス

ネットワークエンジニア
未経験からの転職

ネットワークエンジニアの転職相談なら私達にお任せください。

無料転職支援サービス

非公開の求人案件も多数保有。
満足度の高いマッチングを実現。
エンジニア出身の転職コンシェルジュがサポート。
まずはお気軽にご相談ください。

ネットワークエンジニアの職種あるある

関連する職種

無料転職相談のお申し込み

無料転職相談のお申し込み

無料転職相談のお申し込み

関連する転職コラム

一覧を表示する