未経験から
デバッガーへ転職

未経験からデバッガーになるには

まったくの未経験からゲーム業界を目指す際に、最も入りやすい職種がデバッガーです。専門的な知識やスキル、資格などもとくに必要ありません。ただ、将来的にゲーム業界でディレクターやプロデューサー、プランナーとして活躍したいという目標があるなら、まずデバッガーとして働きながら、徐々にゲーム業界の基礎知識を身につけていくとよいでしょう。

無料転職相談のお申し込み

無料転職相談のお申し込み

無料転職相談のお申し込み

無料転職支援サービス

デバッガーってどんな仕事?

デバッガーは、開発中または、開発が完了したゲームを実際にプレイして、不具合やバグを見つける仕事です。ユーザー目線で楽しめるかをチェックするのも大切な仕事ですが、「ゲームをするだけでいいなんて楽そうな仕事だ」と勘違いしてはいけません。予期せぬエラーやバグが潜んでいないかを発見しなければならないため、指示されたとおりの操作を行い動作をチェックしたり、あらゆる可能性を想定して地道にテストを繰り返していきます。根気と熱意が必要な仕事だといえます。

デバッガーに関する求人情報

もっと表示する

関連する転職コラム

無料転職相談

無料転職支援サービス