未経験から
デザイナーへ転職

未経験からデザイナーになるには

デザイナーといってもどの分野のデザイナーになりたいか、最終的にはどんなポジションに就きたいかでスタートもキャリアパスも違ってきます。Web系のデザイナー志望であればWeb制作会社、広告やグラフィック系志望であれば、デザイン事務所、広告代理店、広告制作プロダクションなどに入るのが一般的です。どの分野でも、美術系の大学や専門学校で学んだ経験や独学で基礎的な知識や技術を事前に身につけていると採用では有利に働きます。また、デザイナーは感性や創造力が豊かであることも忘れてはいけない重要なポイント。普段からさまざまなデザインに触れ、感性を磨いておくよう心がけましょう。そして、デザイナーの採用においてはポートフォリオが命。作品単体としてのクオリティのみならずまとめ方にも注目されることが多いため、これまで作った作品のアピールポイントが効果的に伝わるようにまとめ方を工夫してみてください。

無料転職相談のお申し込み

無料転職相談のお申し込み

無料転職相談のお申し込み

無料転職支援サービス

デザイナーってどんな仕事?

Web、広告、パンフレット、出版物など、実際のデザイン制作を手がける仕事です。分野ごとに分かれていますが、基本的にはデザインを通してクライアントが伝えたい情報を効果的に伝えるという仕事です。勘違いしてはいけないのは、デザイナーは自分の作品を作る“アーティスト”ではないということ。あくまでクライアントの課題解決を最優先に考えた企画・提案ができてこそ一人前といえます。ですから、デザインのスキルや知識などのほかに、コミュニケーション能力なども求められます。

デザイナーに関する求人情報

もっと表示する

関連する転職コラム

無料転職相談

無料転職支援サービス