未経験から
システムエンジニアへ転職

未経験からシステムエンジニアになるには

未経験からシステムエンジニア(SE)を目指す場合、ITや情報処理系の専門学校や高専、大学などで学んだ経験があると有利です。また、独学でプログラミングを勉強して、システムを組んだことがあるなどの経験があれば実務経験が求められないこともあります。一般的には、プログラマーを経験してからシステムエンジニアとなるケースが主流です。ただ、最近ではエンジニアの採用ニーズが高く、若手やポテンシャル層の採用に積極的な企業が多いため、チャンスは少なくありません。入社後の研修制度がしっかりとしている企業を選ぶものもひとつです。

無料転職相談のお申し込み

無料転職相談のお申し込み

無料転職相談のお申し込み

無料転職支援サービス

システムエンジニアってどんな仕事?

システムエンジニア(SE)とは、簡単に言うとクライアント(社内の場合もあり)が必要としているシステムを形にする仕事です。クライアントが抱える課題や問題をヒアリングし、最適なシステムやWebサービスを提案・開発するため、IT知識のほか、コミュニケーション能力なども求められます。システムをリリースした後は、トラブルや不具合などが発生しないようにメンテナンスを行なったり、さらに改良を加えたり、システム開発の上流から下流までトータル的に携わります。

システムエンジニアに関する求人情報

もっと表示する

関連する転職コラム

無料転職相談

無料転職支援サービス

システムエンジニア
未経験からの転職

システムエンジニアの転職相談なら私達にお任せください。

無料転職支援サービス

未経験OKなシステムエンジニアの案件も豊富。
業界経験のある転職コンシェルジュによる専門性の高いサポート。
IT業界に強みがあるからこそ、満足度の高いサービス。
まずはお気軽にご相談ください。

関連する職種

無料転職相談のお申し込み

無料転職相談のお申し込み

無料転職相談のお申し込み

関連する転職コラム

一覧を表示する