未経験から
サーバーエンジニアへ転職

未経験からサーバーエンジニアになるには

未経験からでも目指せる仕事です。はじめはサーバーの構築のような高いスキルが求められる業務に携わることは難しいため、まずはサーバーの運用・保守などの業務をこなしながら経験や知識を蓄積していきます。手がけるサーバーの種類によって必要な技術は異なりますが、ネットワークやセキュリティの知識、OSの知識などは基本的に必要なので独学でも勉強しておくとよいでしょう。また、Linux技術者認定資格のLPICや、マイクロソフト認定資格プログラムのMCPなどを取得しておくのもおすすめです。

無料転職相談のお申し込み

無料転職相談のお申し込み

無料転職相談のお申し込み

無料転職支援サービス

サーバーエンジニアってどんな仕事?

コンピュータシステムを運用するサーバーの構築とサーバーの運用・保守がおもな仕事内容です。WEBサーバー、データベースサーバー、メールサーバー、アプリケーションサーバ、ファイルサーバーなど、サーバーにもさまざまな種類があり、それぞれに必要なスキルや知識は異なります。ビッグデータの活用やスマートフォンの普及がめまぐるしい中、サーバーのデータ処理能力を高め、トラブルなく稼動させることが最も大切なミッションですが、ネットワークのクラウド化が進むなか、ネットワークインフラの知識なども要求される場面が増えてきています。

サーバーエンジニアに関する求人情報

もっと表示する

関連する転職コラム

無料転職相談

無料転職支援サービス