未経験から
コーダー・マークアップエンジニアへ転職

未経験からコーダー・マークアップエンジニアになるには

特別な資格は必要ありませんが、プログラミング言語のHTMLやCSS、JavaScriptに慣れておくと良いでしょう。職業訓練校やWEBスクールで学ぶ方法もありますが、ゲーム感覚で学べる無料サイトなどもありますので、独学である程度ソフトに慣れることは可能です。また、実務未経験でも自分で制作したサイトなどがあると、選考でスキルをアピールしやすいです。キャリアは、コーダーとして経験を積みマークアップエンジニア(フロントエンドエンジニア)としてスペシャリストになる、もしくはデザインにもう少し関わりたいという方はWEBデザイナーになる道もあります。未経験として入社した人が、数年後にどんなキャリアになっているのかまで情報収集してみると、自分の将来が想像しやすいでしょう。

無料転職相談のお申し込み

無料転職相談のお申し込み

無料転職相談のお申し込み

無料転職支援サービス

コーダー・マークアップエンジニアってどんな仕事?

WEBデザイナーが作成したデザイン画を実際にWEBページ上で表示できるようにする仕事です。HTMLで基本的な構成を、CSSで色やパーツの大きさなど視覚的な部分を作成していきます。また複数ブラウザでも正しく表示されるようにする必要があり、この作業が一番難しい作業でもあります。さらに、プログラミングだけでなくデザインから携わることもありますので、デザインの知識も身につける努力をすると、より仕事の幅が広がるでしょう。

コーダー・マークアップエンジニアに関する求人情報

もっと表示する

関連する転職コラム

無料転職相談

無料転職支援サービス