未経験から
ゲームプログラマへ転職

未経験からゲームプログラマになるには

基本的なプログラミング知識があれば実務経験がなくてもチャレンジすることが可能です。ただ、コンシューマーゲーム業界については専門性の高い技術力が求められることが多いため、ある程度経験を積んでからチャレンジしたほうが採用される確率が上がります。ゲーム業界の中でもソーシャルゲーム業界は求人数も多く、熱意と基礎知識があれば未経験を積極的に採用している企業もあるため、まずはそこを目指してみるのもよいでしょう。独自にスマートフォンアプリを作った経験やプログラミングをした経験なども採用のポイントとなるため、しっかりとアピールするようにしましょう。

無料転職相談のお申し込み

無料転職相談のお申し込み

無料転職相談のお申し込み

無料転職支援サービス

ゲームプログラマってどんな仕事?

ゲームプログラマーはゲーム開発において重要な役割を果たす職種といっても過言ではありません。ただ、ひとくちに「ゲームプログラマー」といっても、コンシューマーゲーム、ソーシャルゲーム、パチンコ・パチスロなどの遊技機などさまざまな分野があります。分野ごとに使用する言語や求められるスキルレベルも違ってくるため、自分がどの分野を目指したいのかをはっきりさせておく必要があります。また、ゲームプランナーになるためのステップとしてまずはゲームプログラマーを目指す人も少なくありません。

ゲームプログラマに関する求人情報

もっと表示する

関連する転職コラム

無料転職相談

無料転職支援サービス