未経験から
グラフィックデザイナーへ転職

未経験からグラフィックデザイナーになるには

実務経験や特別な資格は必要ありませんので、未経験でもチャレンジしやすい職種です。独学でも良いのでIllustratorや Photoshopなどのグラフィックソフトを使えるようにしておくと、選考で有利になります。最初はアートディレクターや先輩デザイナーのアシスタントとして簡単なレイアウトや画像処理などの作業を中心に行って経験を積み、徐々にメインのデザインを任せてもらえるようになっていきます。また、最近はグラフィックデザイナーからWEBデザイナーに転向するというキャリアも人気が高いです。そのためWEBデザインの知識も身につけられる環境なのか、という軸で企業選びをしてみても良いでしょう。

無料転職相談のお申し込み

無料転職相談のお申し込み

無料転職相談のお申し込み

無料転職支援サービス

グラフィックデザイナーってどんな仕事?

ポスターや雑誌広告、看板や商品パッケージなど主に印刷物のデザインを行います。グラフィック作成ソフトを使い、写真やイラストなどの素材のレイアウトや彩色を行います。また、クライアントの要望にどれだけ応えられるかが鍵となるため、デザインセンスだけではなく表現力も磨く必要があるでしょう。最近ではWEBデザイナーへ転向するプランが人気ですが、グラフィックデザインのスキルを極めた後にデザインチームの取りまとめを行うアートディレクターになるというプランもあります。

グラフィックデザイナーに関する求人情報

もっと表示する

関連する転職コラム

無料転職相談

無料転職支援サービス