未経験から
カーディーラーへ転職

未経験からカーディーラーになるには

一般的にイメージされる営業の仕事よりは、店頭での接客・販売の仕事という方が近いので、接客・販売の経験が強みとしてアピールできます。もちろん、他業界の営業経験がある場合は同様にアピールポイントになります。しかし、扱う商品は車という“高額商品”ですので、お客様は気軽に立ち寄って短時間で購入を決めるということはほとんどありません。ある程度長期的なスパンで、お客様との信頼関係を築きながら販売をしていく必要があるため、コミュニケーションスキルや人柄も企業側は重視されます。この仕事をするために特に必須になる資格はあませんが、ひとつのメーカーだけでも多岐に渡る商品(車だけでなく、カーナビ等の付属品やその他オプションサービスなど)があるので、車に関する幅広い知識がある場合は仕事の中で役立つ場面が多いようです。

無料転職相談のお申し込み

無料転職相談のお申し込み

無料転職相談のお申し込み

無料転職支援サービス

カーディーラーってどんな仕事?

自動車(新車・中古車)などの販売などを行う仕事です。基本的にディーラーは特約店契約を結んだ自動車メーカーの商品を専門に扱っていますが、中古車等に関してはそれ以外のメーカー車を扱うことも多いです。一般的にイメージしやすいのは店舗に来店されたお客様に対して自動車販売を行う仕事ですが、それ以外にも車検の契約を取ったり、試乗会などのイベントの運営をしたり、店頭に並んでいる自動車の洗車を行うことなどもあります。ほとんどの場合は、一般のお客様向けに営業を行う個人営業に分類されます。高額商品を扱うためお客様とは比較的長期的なスパンでお付き合いすることになります。即決で購入を決められるお客様はめったにいらっしゃいませんし、購入が決まった後も様々なアフターフォローが必要になります。そのため、購入前後でお客様に信頼と安心をしていただけるよう積極的で丁寧なコミュニケーションをとる必要があります。

カーディーラーに関する求人情報

もっと表示する

関連する転職コラム

無料転職相談

無料転職支援サービス